スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「900日漂流していたポルトガル国籍の少女、無事保護される」

「900日漂流していたポルトガル国籍の少女、無事保護される」

マグロ漁①

2010年5月○×日、約900日行方不明だったポルトガル人の少女みりりあ(1×)とその副官エルダ(2○)がマディラから西○×km離れた海域で無事救助・保護された。
この少女は3年前に「釣りスキルを鍛えてくるよ!」と知り合いに言って大海原へ旅立った後、連絡が途絶えて捜索願いが出されていた。
今回付近を航海中のサルミエント商会が不審な船を発見し、少女を保護したという。
発見直後の船内は荒れに荒れ果て、そこら中にネズミはいるわ壊血病は蔓延してるわでひどい状況だったそうだ。
いたるところに傷ついた死体が転がっており、船員同士の反乱が起こっていたことが予想される。
救助者は二名のみ、全裸ではあったものの幸い健康そのもので命に別状はなかった。

釣りランク16記念


調べに対しみりりあは

みりりあ「最初の一年は北海でサケを釣っていました」
みりりあ「釣りスキルがLv10になってからは場所を移してひたすらマディラ沖でマグロを釣り、魚肉に加工して保管スキルを鍛えていたんです」
みりりあ「見て下さい、この包丁捌き!すごいでしょう!!マグロ捌くならお手の物ですよ」
みりりあ「漂流?そんなことあるわけないじゃないですか。みなさん心配性なんだから♪」


と話しており、副官のエルダは

エルダ「毎日毎日魚を釣っては魚肉に加工する日々…正直やってられないと思いました」
エルダ「でも夜になると船長が優しく私を慰めてくれて…えぇ、もう船長に一生ついていきます」

などと話しており、どうやら本人達は事の重大さがわかっていない様子


このニュースを受け、ポルトガル大臣ブラガンサ公爵は

「元気があってよろしい。ポルトガルの未来も明るいであろう」

とコメントしている。


現在はリスボンの自宅で暮らしている彼女だが、すでに次の目標を見つけたと息巻いているという

みりりあ「今度は調理スキルを上げたいな!早速準備しないと♪」

※マディラ沖
マディラから西の沖、座標で15333,3430はマグロ釣りポイントとして有名。
毎日多数の釣り人がマグロを釣っているが、寝落ちなどで難破する船もあるようだ

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みりりあ

Author:みりりあ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。