スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ないコンビニ!?あなたの近くのコンビニは大丈夫??

タイトル通り、コンビニについて少し。。。
いまや日本中で見かけないことがないくらい(一部田舎除く)馬鹿みたいに営業しているコンビニ、誰しも一度は利用したことがあることでしょう。
田舎にポツンとひっそり営業しているところもあれば、都会のように数十メートル間隔で犇きあっている店もありますが、今回は私が働いていたローソンについて。


コンビニに行く際に気をつけたい事柄をいくつか紹介!

①惣菜、パン、お菓子関係の消費期限は大丈夫?
~~おにぎりやパスタ、サラダ等はきちんとレジで販売期限が管理されており、それを過ぎるとレジに通りません。
しかし簡単な惣菜(梅干やチーズ類、キムチなど)やパン、お菓子関係の管理はレジで管理されていないので、店員が見逃しに気づかないと消費期限切れのものが普通に売り場に置いてあることがあります。
消費期限が過ぎていても普通にレジに通りますので注意が必要です。
店員はレジ精算時に気づいても指摘はしません。ミスを自分から明かすことは絶対にない!

②FF(フライドフーズ)を買う時は、時間帯に気をつけるべき!
~~FFことフライドフーズ、からあげクンや鶏竜田揚げ棒、Lチキなどがあります。
ローソンではからあげクンとLチキが有名?だと思いますが、これらを買う際に時間帯に気をつけることで、おいしい新鮮なFFを食べることができるって、知ってました?
注意したいのは、ケース内にあるFFがいつ作られてどのくらいの時間保温されているのかということです。。。
何度も食べたことがある人はわかると思いますが、時間が経ったFF程まずいものはない!!
どのFFにも販売限界時間というものがあり、例えば…

からあげクン、Lチキ、鶏竜田揚げ棒、軟骨つくね棒(6時間)
Lポテト(2時間)

だいたい朝6時に一回目のFFを作り、それが廃棄になるのは昼の12時頃。
廃棄になる直前に新しいFFを作るとすると、昼の11時前後にあるFFは廃棄寸前でまずいということになります。
実際は朝の時間帯に売れればその分をまた作るわけなので、昼の時間帯でもそこまで廃棄寸前のものは並んでいないですが…
問題は夕方の時間。
昼のピークを過ぎ~夕方5時くらいまではあまり来客数は伸びません。
つまり、その分だけFFが売れずにずっと並んでいることになります。
午後の3時、4時あたりのFFは要注意です。
深夜帯は言わずもがな、当然そこにあるのは売れ残ったFFなわけで…。
だいたいのお店は0時手前にはケース電源を落として販売を止めるのですが、一部の(売り上げが悪い)店は限界までケース電源をつけて売っていることもあります。
深夜帯に買う時は、店員に「これ廃棄時間は大丈夫なの?」と聞いてみるといいかもしれません。
聞かれた側の店員は「同業者もしくは常連がきた」と正直に話してくれるでしょう。
実際、それが廃棄になろうがなるまいが店員にとってはどうでもいいことなので、正直に答えてくれる可能性大!
だいたい三時間以上経ったものは食べるに値しないですね。
はっきりいってまずいです!

③常温FF(一部のフライドフーズ)は買わない!
常温FFには、揚げたこ焼きや揚げお好み焼き、ジャンボアメリカンドッグ、うずらウィンナー、コロッケ等があります。
この種のFFは、ケースの中にあったものを一度電子レンジで温めてからお客様にお渡しするのですが、そのせいで販売限界時間が無視されるケースが非常に多い。
つまり、どれだけ廃棄時間を超えてようが電子レンジで温めるんだから食べられるでしょ?っていう。。。
味は関係ありません。
どっちみち元クルー(特に深夜クルー)とかでもない限り今食べてるものがどの程度時間が経っているものなのかなんて客にはわからんからね


どうしても買いたい人は直接今から作ってくれと頼んでみましょう。
出来立てを食べてみたいとか言えば作ってくれるかもしれません。。。


なんかあんまり実の入った話じゃないけど暇だったのでだらだら書いてみました。
実際に私が働いていた店では、普通に客に廃棄時間が過ぎたFFを売っていました。
もちろんオーナーの指示です。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みりりあ

Author:みりりあ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。